健康保険組合連合会 社会貢献型インセンティブモデル事業キャンペーン あなたが歩いた分だけ、熊本が元気になる!毎日の一歩一歩で自分も誰かも健康にしあわせに。一緒に歩いてウェルビーイングはじめませんか? 健康保険組合連合会 社会貢献型インセンティブモデル事業キャンペーン あなたが歩いた分だけ、熊本が元気になる!毎日の一歩一歩で自分も誰かも健康にしあわせに。一緒に歩いてウェルビーイングはじめませんか?

健康保険組合連合会 社会貢献型インセンティブモデル事業キャンペーン あなたが歩いた分だけ、熊本が元気になる!毎日の一歩一歩で自分も誰かも健康にしあわせに。一緒に歩いてウェルビーイングはじめませんか? 健康保険組合連合会 社会貢献型インセンティブモデル事業キャンペーン あなたが歩いた分だけ、熊本が元気になる!毎日の一歩一歩で自分も誰かも健康にしあわせに。一緒に歩いてウェルビーイングはじめませんか?



社会貢献型インセンティブモデル事業キャンペーンとは? 社会貢献型インセンティブモデル事業キャンペーンとは?

歩く!

みんなの歩数を
集計!

取り組みに応じて
熊本県へ寄付!

歩く!

みんなの歩数を
集計!

取り組みに応じて
熊本県へ寄付!

日本は急速な少子高齢化の進展や生産年齢人口(15~64歳)の減少といった大きな課題を抱えており、医療や介護などの社会保障制度を持続可能なものにするとともに、活力ある社会を実現するため、個人の疾病予防・健康づくりが求められています。

健康保険組合などの保険者はこれまでも、さまざまな事業を通して加入者の健康維持・増進に取り組んでおり、最近は加入者の自主的な取り組みに対してポイントを付与するといったインセンティブ(動機付け)事業も広がりを見せています。

健康保険組合連合会では、健保組合の従来のインセンティブ事業に災害被災地への寄付といった社会貢献性を取り入れ、国民の約7割を占めるといわれる健康無関心層の人たちの参加意欲を喚起し、さらに継続のモチベーションを維持できる仕組みづくりが重要と考え、「社会貢献型インセンティブモデル事業」を立ち上げました。

初年度となる今回は、熊本地震の復興支援として歩数に応じた義捐金を寄付するウオーキングキャンペーンを実施し、来年度以降も社会貢献活動への寄付につながる事業を展開していく予定です。

日本は急速な少子高齢化の進展や生産年齢人口(15~64歳)の減少といった大きな課題を抱えており、医療や介護などの社会保障制度を持続可能なものにするとともに、活力ある社会を実現するため、個人の疾病予防・健康づくりが求められています。

健康保険組合などの保険者はこれまでも、さまざまな事業を通して加入者の健康維持・増進に取り組んでおり、最近は加入者の自主的な取り組みに対してポイントを付与するといったインセンティブ(動機付け)事業も広がりを見せています。

健康保険組合連合会では、健保組合の従来のインセンティブ事業に災害被災地への寄付といった社会貢献性を取り入れ、国民の約7割を占めるといわれる健康無関心層の人たちの参加意欲を喚起し、さらに継続のモチベーションを維持できる仕組みづくりが重要と考え、「社会貢献型インセンティブモデル事業」を立ち上げました。

初年度となる今回は、熊本地震の復興支援として歩数に応じた義捐金を寄付するウオーキングキャンペーンを実施し、来年度以降も社会貢献活動への寄付につながる事業を展開していく予定です。

みんなで歩いた歩数をチェック 現在の総歩数 みんなで歩いた歩数をチェック 現在の総歩数

参加健保組合数:46 参加者数:5,686

参加健保組合数:20 参加者数:2,462

参加健保組合数:20 参加者数:2,013

各回には、実施期間に重なりがあります。複数の回に参加登録いただいた方の重複期間における歩数については、それぞれの回に同じ値が計上されます。

シェアはこちら